このエントリーをはてなブックマークに追加

「ソーシャルメディア」とは

ソーシャルリクルーティングを考えるにあたって、まずはその主要なステージとなる「ソーシャルメディア」について、一般的な知識を整理しておこう。

ソーシャルメディアとその種類

ソーシャルメディアとは、個人・組織を問わず誰もが情報を発信できるインターネットサービスだ。

ソーシャルメディアが、一般的なWEBサイトと違うのは、送り手と受け手の双方向のやり取りが手軽にできる機能を内蔵していることだ。また、そのコミュニケーションの様子は、周囲の参加者も見ることができ、「1対1」のやり取りが自然に「多対多」のコミュニティーへと発展していくように設計されている。また、Twitterの「リツイート」、Facebookの「いいね」のように、参加者が共感した情報を拡散させていく機能にも非常に強力なものがある。

ソーシャルメディアは、放送(テレビ・ラジオ)や印刷媒体(新聞・雑誌)といった従来型メディアとは大きく異なる特性を持つ。最大の違いは、ソーシャルメディアの主役が、UGC(User-Generated Contents:ユーザー生成コンテンツ)であることだろう。従来型メディアでは圧倒的優位に立っていた送り手が、ソーシャルメディア上では受け手とほぼ対等になるということである。「良い」というクチコミを広げる力が強いのと同様に、「良くない」という情報も爆発的に広がる可能性がある。つまり、送り手側の情報コントロールが効きにくいメディアだともいえる。

ソーシャルメディアを上手く活用できれば、低コストで良いイメージを広げることが可能だ。放送や印刷に比べて、初期投資は非常に安くすむ。反面、受け手側の反応に十分な配慮を行うことなく不用意な情報発信を行うと、予期せぬバッシングやイメージの悪化を招いてしまうこともある。

ソーシャルメディアにはさまざまな種類があるので、以下カテゴリごとに代表的なサービスを紹介してみたい。

■SNS

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、人と人のネットワークを作ったり強化したりするインターネットサービスである。世界的には「フェイスブック(Facebook)」が最も利用者数が多く、日本では「ミクシィ(mixi)」が有名だ。また、アメリカを中心に注目されている「リンクトイン(LinkedIn)」は、ビジネス利用に特化したSNSで、詳細な職務経歴や履歴などを公開することができる。そのためヘッドハンティングや中途採用にも広く活用されており、日本でも徐々に利用者が増えている。
SNSが普及したのは2000年代前半から。当初は「社交クラブのネット版」といった性格が強調され、知り合いの紹介がないと加入できないシステムが多かったが、最近ではFacebookをはじめ誰でも登録できるスタイルのものが主流になってきている。mixiも2010年3月より登録制となった。

■ブログ/ミニグログ

ブログは個人が情報発信するためのツールとして、今もっとも一般的なサービスといえるだろう。日本では、2000年代中盤ですでに2000万人以上の利用者を獲得しており、サービスを提供する会社も大変多い。コメントやトラックバックの機能を利用して受け手と送り手がコミュニケーションすることも可能。 また、ブログには、短文に特化した「ミニブログ」もあり、その代表的なサービスが「ツイッター(Twitter)」だ。ミニブログには、ブログでありながら自分の記事を読んでいる人(フォロワー)が分かるなど、ややSNSに似た性質もある。

ブログとミニブログには以下のような特性の違いがある。

  ブログ ミニブログ
記事のタイプ 長文でまとまった記事を書ける 短文のみ(150文字前後)
閲覧方法 読者が自分で読みに行く
必要がある
フォローしていれば
リアルタイムで表示される
記録性 後からでも参照可能
(ストック型)
基本リアルタイムで流れていく
(フロー型)

■掲示板

掲示板はブログが普及する以前にもっとも利用者が多かったソーシャルメディアである。しかし、現在はかつてほどの勢いはない。代表的なものとしてはオールジャンルを扱う「2ちゃんねる」がよく知られるが、就職活動に特化した学生のクチコミサイトとしては「みんなの就職活動日記(みん就)」がある。
掲示板の特徴は、他のソーシャルメディアよりも、発言者の匿名性が高いことだろう。そのためデマなどが書き込まれたりすることも多く、一定のメディアリテラシーがないと振り回されてしまう場合もある。企業側がソーシャルリクルーティングに活用できる場面はほとんどないと思われるが、風評被害の拡大などを避けるために、チェックだけはしているという人事担当者もいる。

■動画

インターネット上で動画を共有するサービス。代表的なものは「ユーチューブ(YouTube)」で、投稿された動画を誰でも見ることができる。「ユーストリーム(Ustream)」は、保存された動画を見ることができるサービスの他に生放送の機能がある。動画を撮影できるカメラとPC、インターネット環境があれば、誰でもネット放送局のように動画を配信することができる。Twitterとも連動しており、視聴者が生中継を見ながら、自由に意見を書き込んだり議論したりできる。「ニコニコ動画」はユーチューブと同様の動画共有サービスだが、Ustreamのような生放送が可能な「ニコニコ生放送」も開始しており、こちらも人気を呼んでいる。

■ソーシャルメディア分類(2011年7、8月データ※各社発表データおよび当社調査データ)
名称 概要 国内ユーザー数
Facebook 世界最大のSNS (会員)約1083万人
mixi 日本最大のSNS (会員)約1492万人
LinkedIn ビジネス特化型SNS (会員)約38万人
Google+ Googleが提供する独自のSNS (会員)約9万人
ブログ もっとも利用されているソーシャルメディア アメーバ―ブログ
(会員)1645万人
Twitter 代表的なミニブログ (会員)約1469万人
みんなの就職活動日記 学生のクチコミ掲示板 (会員)約54万人
YouTube 世界最大の動画共有サービス (利用者)約1906万人
Ustream ネット放送としても機能する動画共有サービス (利用者)約260万人
ニコニコ動画 動画共有サービスとネット放送としても機能する
ニコニコ生放送がある
(会員)約2100万人

←前の記事へ次の記事へ→

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク