このエントリーをはてなブックマークに追加

「ソーシャルリクルーティング」の歴史

前史

ソーシャルメディアが主役になって採用に成功した企業のなかでも、ブログ「ウノウラボ」を活用したジンガジャパンは、その草分けといわれる。 「ウノウラボ」は、同社のエンジニアが持ち回りでプログラムなどのハイレベルな技術論を展開するブログで、技術志向のエンジニアから注目され、共感を得ていた。そのため、エンジニアの中途採用を行う際には、ブログのサイドバーに募集告知を出すだけで、ハイレベルな人材が集まってきたのである。

ハイレベルな情報を欲して熱心に読むエンジニアはまさに同社が求める人材そのもの。また読者であるエンジニアからすれば事前に同社の技術レベルやそれぞれの技術者の考え方を、ブログを通じて熟知することができたといえる。
こうした相互理解の上になりたったリクルーティング活動という点で、このジンガジャパンのケースはソーシャルリクルーティングの本質のいくつかを押さえた事例といえるだろう。

2010年からの動き

ソーシャルリクルーティングの代表的な成功例といわれる「アイティメディア株式会社」が、Twitterやブログを使ったリクルーティング活動をスタートさせたのは2009年の後半からだ。これがわが国でもっとも早い時期からのソーシャルリクルーティングへの取り組みといわれており、それ以外の動きは2010年から具体化し始める。ざっとその動きを追ってみよう。

2010年10月1日 Facebookがリクナビと連携、コネクションサーチの開始
11月15日 サイバーエージェントやトレンダーズが2012年新卒採用にFacebook枠を設置
11月17日 ソフトバンク・ヒューマンキャピタルが就活生向けの会社説明会をライブ配信
2011年1月1日 LinkedInの日本語化は6月中か?の報道
5月10日 世界6,000社以上の企業の採用を支援してきた“Work for Us”が日本上陸
5月19日

LinkedInがニューヨーク証券取引所に新規株式公開

5月25日 LinkedInがデジタルガレージと提携、日本語版オープンは年内へ
5月30日 エンジャパンがFacebookアプリ「enTree Work(エントリーワーク)」をリリース
7月29日 国内初の新卒採用 / 海外大生採用向けFacebookアプリ「JOBRING」サービスイン

このように主な動きを見ていると、ソーシャルリクルーティングのプラットホームとして、今もっとも注目されているのは「Facebook」だということがわかる。2010年から2011年にかけては、Facebook上で企業が採用活動を行いやすように支援するアプリケーションやサービスが急速に整備されている段階ということになるだろう。

←前の記事へ次の記事へ→

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク