このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

新卒外国人の在留資格について

投稿日:2019/03/25 11:24 ID:QA-0083289

解決済

当社は、ホテル・レストラン関係を運営している会社です。
2019年4月より、外国人が数名新卒として入社します。各々の在留カードを確認すると、在留資格が
技術・人文知識・国際業務となっており、就労制限も在留資格に基づく就労活動のみ可となっています。
大体2020年まで在留資格がありますが、更新時に資格変更をすべきでしょうか?
入社後、ホテルの宿泊や料飲業務を行うと考えられますが、この在留資格で問題ないのでしょうか?
それとも宿泊業・レストラン業に合った在留資格はどのようなものがあるのでしょうか?
2019.4月以降に、施行される法律によって変わるのでしょうか?

keimetalさん  神奈川県  旅行・ホテル(301~500人)  回答数:1件 カテゴリ:新卒採用
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

まず、新卒で在留資格を留学以外で持っているというのは通常ありえません。

働く会社が決まってから、在留資格は申請するものだからです。

技術・人文知識・国際業務の高度人材資格であれば、通訳、コンシェルジェ以外の業務で雇うことはできません。

昨今ニュースでも取り上げられていますが、「特定業務」資格の試験を受けてもらい受かれば、働いてもらう業務の幅は広がります。
投稿日:2019/03/25 14:39
ありがとうございます。国内の専門学校の留学資格から内定が出て切り替えた形だと思います。ですので入国管理局でもホテル業はわかった上での在留カードだと思ったのですが。
投稿日:2019/03/25 16:30
新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク